2013年11月15日金曜日

無農薬有機栽培みかんのお知らせと千曲川ワインバレー

今朝は曇り空。
雨雲がすぐそこまで来てるそうです。
できることなら、雪を溶かしてほしいなぁ。
ごめんね、雪を心待ちにしてる方には申し訳ないけど、
12月までは、いらないよ、雪は。

友人の友人という関係ですが、
みかんを分けていただいているみかん園から
今年もみかんの案内が届きました。
無農薬(虫は手作業でとっているそうです)、
有機栽培です。

ご希望の方はこちらへ、ご連絡ください。
ネットもやらず、なかなか売る手立てがないようです。
なんていうか、深い味わい
(甘くて酸っぱく、その年の気候に左右されてるような)のみかんです。
安心なので、私は皮ごとジャムにしたりもします。

グッチ教授のハックルベリーの
「みどりの図書館」蔵書から
こんな本を借りて、一気に読みました。
すでに読んでいたご近所さんの推薦図書でしたが、
ワインのことは何も知らない私にとっては、
ワインの歴史、意味などわかりやすく書いてあって、
ワイン好きのお客さんがおっしゃっていたことが
よく理解出来ました。
ワインの話もですが副題になっている
「新しい農業への視点」は、
具体的なアイデア満載でした。
農業、田舎暮らし、ワインの歴史、
クリマだとかテロワール、スクリューキャップ、
ワインの選び方、ワインの楽しみ方、
エシカルマーケティング、縁側カフェ
玉村さんのワインへの愛情、
ワクワク感、意欲が文章に表れていて、
ワインや農業に詳しい方から見れば
総花的だと思われるでしょうが、
「私より5つほど年上の玉村さんが
これだけまだやる気あるんだぁ」と
(後で確かめたら8歳年上でした)、
読み終わった私も「このままじゃいかん」と、
その時だけは思ったのでした…
そうだ、私も持続可能なエシカルな
ペンション経営ってことにしちゃえ。

還暦、古希なんてもんは、
なにを始めることに関係ないっす!ってことです。