2013年12月4日水曜日

着々と

峰の原は、太平洋側、日本海側気候の交差点だ、
と私は感じています。

私が、ほぼ1日を過ごすこの部屋、
冬には東の窓からは青空が見えても、
北向きの窓から見える空は曇りということが多くなります。
そして、今朝はどちらの窓からも青空が見えてます。

Ⅰ日に数回、こたつにベッタリではいけないと
勇気を奮い起こして
(おおげさですが、そういう感じなんですよ)立ち上がってます。

そして、いきなり自転車で菅平まで出かけたりするのよね。
おばあさんの行動は予測不可能。

そして、きょろきょろと…
このシマウマ、最初は茶色のサラブレッドだったのが、
ある日、白馬に塗り替えられ、
そして、今はシマウマです。
シマウマとサラブレッドは違うだろ、
なんて、野暮な突っ込み入れてます。

ゆっくりとしかペダルをこげないもので、
こんなものもしっかり目に入ります。
菅平の国道のマンホールはラグビー柄です。
峰の原のマンホールは、
単なる須坂市マークなのはチョイ残念。

写真を撮るというのは口実で、
時折こうして休むのです。
天狗ゲレンデの降雪機の雪はまだごく一部。

時速30キロって書いてあるけど、
無理、私は時速数キロです。

おお、さすが裏太郎ゲレンデは気合いが入ってる。
人工雪、商売の上では必要なんですが、
何となく、エコな観点から考えると後ろめたい私。
息子たちは、峰の原の雪作りのバイトもやってます。

そして今朝の新聞の地域紙面には、
スキー場や雪の話題がいっぱい。
着々と冬の準備が進んでいます。
おい、ペンションのバーサン!
Are you ready?