2013年12月6日金曜日

なんでも安易にやっちゃう

さて、今日は、超簡単一美流、
テキトーリースの作り方をご紹介します。

バサッと切ったモミの木の枝の中から
ぐるっと回して好みのサイズになりそうな枝を探して
丸くして針金で結わえます。
土台もいりません。
ここまで5分。

うん、それにしても新聞の本の広告、
「83歳の女子高校生球児」、気になるな。

後はその枝についていた葉っぱの部分を、
昔、子どもの頃にクローバーの冠を作ったような
要領で最初の作った枝の輪っかに針金でくくりつけます。
ここもほぼ5分。

そして、この間摘んできたノイバラの実をあしらって、
ちょいちょいと形を整えます。

真ん中にキャンドルおくのもいいかな。

そして、今回はここで終わらず、
もう一工夫したくて、料理に使う凧糸を持ち出して

こんな風に紐をつけてみました。

そして、この間、
何となく稲藁で作って、
しばらく使い道もひらめかず、
棚にのせていたヒンメリを投入。

夢中になると、口が半開き…

上から見るとこんな感じ。
30分で、これだけ遊べば、満足。
もうちょっと遊んでもよかったかな。
これくらい簡単に作れば、
これをばらすときも簡単です。
そして、針金も切り刻んでないからまた使えます。
なんでも、安易な私の今年のクリスマス飾りでした。

この後、またぽかぽか陽気に誘われて、
峰の原一のゲキ坂を自転車で上って来ました。