2013年12月9日月曜日

よそから拝借

「おはよう。今日は暖かくなるらしいよ」と、
夜中のスノーマシンのバイトから戻った二郎が、
やって来ました。
この暖かさが抜けたら雪かな。

今日はメールで送られて来た写真をご紹介します。
「久しぶりに来たぁ!」と、
ニューフェイスちゅーすけに喜ぶ望月。
食べ物がなくなる冬だけ、
ちょっとだけ餌をおくつもりです。
顔つき、毛並みを見るとどうも幼さを感じます。
よく写真を撮っていた頃のリスはすでに天国だろうなぁ。

道路に雪が消えると、こんな風に自転車に乗ってます。
「気をつけてね」「カズちゃん、滑るよ」
と、通り過ぎる友人たちが声をかけてくれます。

ベニマシコも久しぶり。

峰の原マニアのグッチ教授は、
年内最後の作業として、峰の原の古い看板を引き取って、
記念館の庭に設置されたそうです。

根子岳風力発電建設反対運動
をしていた時にお世話になった
風力発電の専門科の先生に
峰の原のリースを毎年お送りしています。

クリスマスのリースが届き、
玄関を開けるとモミの木の香りが
さわやかで一気にクリスマスの雰囲気です。
原発事故以降、一段と忙しくなり、
老骨にムチ打って頑張っております。
それにしても、安部政権になって以降、
どんどん右傾化しており、
傍若無人な政治手法など大変心配です…」
心配なさっている方が、ここにもおられました。