2014年1月29日水曜日

ステキすぎる

夕べぱらりと雪が降り、今朝は快晴。

私の自慢は、ともだち。
なんて、小学生の作文みたいですが、
自分にこれといったとりえがないから、
友だちがそれを補ってくれているように思います。
どこまでを友だち、何を友だちといっていいのかわからないけど、
たぶん、みんな友だちでしょう。

そんな友だちの一人から今年も小包が届きました。
開けてびっくり、バナナの葉っぱの手紙が!
やるなぁぁ、さすがだねぇ、彼女らしいよ。

ふむふむ、八重山新聞ねぇ。
野菜は全てしっとりと濡らした新聞紙に包まれ、
ビニール袋にきちんと入れられてました。
彼女といっしょにコスタリカにいった時、
彼女のパッキングの完璧さに感心したのを思い出しました。

この雪の山に、日本の最南端、
常夏の波照間のキャベツや大根など野菜がどっさり。
パクチー、赤米、モチキビ、キャベツ、大根、黒小豆、
フジマメ(http://ja.wikipedia.org/wiki/フジマメ)などなど


彼女は波照間で食堂をやってます。
多分ここだと思うなぁ。
波照間にいらっしゃる方は、ぜひお立ち寄りください。

彼女のバナナ葉っぱ紙面の手紙によりますと、
ハランのような葉っぱは月桃の葉っぱで、
この葉っぱに包んで蒸すと香りが楽しめるとか。
巨大なイタリンアンパセリというか、
大きなオダマキの葉っぱみたいな方は、
長命草というらしいです。
おっと、話題のエイジレスビューティーベジタブルですってよ!
どうしよう、これ以上・・・

こちらはフェンネル。
ウイキョウですねぇ。

さて、どう使おうかな、楽しみをたくさんありがとう。

それにしても、ステキすぎるなぁ、友だち。