2016年4月23日土曜日

高原さんぽ(早春の緋の滝2)

もう土曜日。
望月はツアーへ、二郎もどこかに営業かな。
雪がなくては仕事にならない人たち。
雪が少ないこの春は、大変そうです。
まぁ、私はいつも火の車に乗ってますが・・・

昨日に続けて緋の滝です。
なにこれって、写真ですが、
望遠じゃないもので、これが限界。
フサザクラの枝ですが、
今回新しく覚えた樹木の一つです。
花が咲いてないよう見えますが、実は咲いているのです。
萼(ガク)や花弁がなく、雌しべと雄しべのみなので、目立ちません。
第二緋の滝にあります。

双子か年子かしら。
エンレイソウが咲き始めましたよ。
緋の滝は日陰が多いせいか、全てひかえめ。

これも今回の大発見。
まるで大蛇のように伸びたツル。
邪魔になるから断ち切ろうかと思いたくなるのですが、
山葡萄だとおもいきや違うそうです。
なんとこれは、サルナシのツルです。
ここまで太く伸びるとはびっくりです。
有名な徳島の祖谷のかづら橋は、
このツルで出来ているそうです。
伐らなくてよかった!

赤いビニールテープを撒いてありますが、
脚に引っ掛けないようにご注意ください。
緋の滝のすぐ上の遊歩道です。

奥に見えるのが、今年最後の雪。
今度行く時にはもう消えているでしょうね。

さて、今日は友人と朝から外来種抜きに出かけます。
自然っていうとのゆったりのんびりというイメージもありますが、
関わってしまうと、人間はけっこう忙しい。
手強いですが魅力的。