2016年6月2日木曜日

あっちもこっちも花盛り

朝7時前、うちの寒暖計は4度を指しています。
これは下界では真冬かな。
霧の朝ですが、野の花たちは凍えながらも耐えてます。

こちらは、クルマムグラ

そして、こちらはクルマバソウ

この2種類は親戚ですが、ちょっと違う。
花の形を見れば違いがわかりますよ。

毎年ご紹介していますが、横見沢のフットパス。
真夏は鬱蒼としてますが、
今はこもれびがとても気持ちいいですよ。
もう1月もしないうちにカラフトイバラも咲き始めます。

もう何年も前にハックの裏においてあった板を
持ってきてベンチにしましたが、
人間ではなくて、
森の動物が座ると似合いそうになりましたね。

ズミもそろそろ散り始めました。

とっても地味ですが、
コケイランのこの色合が渋くて素敵。

ベニバナイチヤクソウは、
この辺りでは多数派ですね。

欲を言えば、この横を小川でも
流れていたらもっと素敵なのですが、
横見沢は3面張りの夏になると水が流れない川なんですよね。
ちょっと残念。

この間の日曜日に、
別荘の友人が、このフットパスの草刈りをしてくれたのですが、
優しい彼女は、道に咲くウマノアシガタや
ササバギンランはちゃんと刈り残してくれてました。
さすがですねぇ。

こちらは枝道6番から見晴台に抜ける小道。
ツマトリソウとベニバナイチヤクソウのコラボが素敵。
絵に描きたくなるような・・・

ここはスズランも多くて、
すずらんの花に靴が触れると、あたりにいい香りが漂います。

そろそろツキヌキソウも伸びてきたかな。
見に行かなくちゃね。
この時期は、あっちもこっちも花盛りで忙しい。