2016年7月11日月曜日

みーつけた!

昨日、観光協会の「峰の原の草原を作ろう!」の
ススキ刈りが無事終了。
夏前のイベントは、これで一段落。

筑波大の准教授のお話をお聞きした後、
皆で外に出て、ススキや外来種の抜き刈り作業。
こちらは繊細な作業の手鎌グループ

こちらはダイナミックに刈り払い機グループ。
地元住民よりも外部の方のたくさんのご参加のおかげで、
順調に作業が進みました。
高齢化や、住民の減少で、草原の景観維持が課題ですが、
たくさんの山野草、峰の原ファンに支えられているのだと
励まされた1日でした
ご参加くださった皆さん、
遠くから応援してくださっている皆さん、
ありがとうございました。

9月4日(日)には、草刈り後、
秋の花が咲くの現場の観察会がありますので、
まだ下界は夏でしょうが、
秋の高原を楽しみにお越しください。

バスでお帰りの方をお送りした後、
植物の専門家の友人と散策へ。
ブナの葉っぱに大量の虫コブ発見。

何年ぶりに見たかな、ベニバナヤマシャクヤク。
はかない花の命

斜面をうつむき加減の登っていたら、
こんなものを発見。
同じ仲間の銀量層は何度かみたことがありますが、
シャクジョウソウは初めてです。
むむ、シャクジョウソウは、松茸の大敵で駆除されてるらしい。
知らないことがいっぱいというのは、おもしろい!