2016年8月28日日曜日

気になる

台風10号の進路が気になりますが、
今朝はまだここは青空です。
関西育ちの私は、
地震には、あまり免疫力がなかったのですが、
台風は馴染み深いというか、
「ああ、来たか」というような感覚がありました。
まだ本当に小さかった頃の停電の時のロウソクの明かり、
雨漏りで洗面器に落ちる雨だれの音が懐かしくさえもあります。

これは近所のペンションの湊くんが、
3日前にお客さんを案内して根子岳に行った時のものです。

去年、重機も入れて整備していたのに・・・

こうなってしまうと、
どんどん深く掘れていきます。
私がここに来た頃、
今ではとても信じられませんが、
ハンググライダーを乗せたジープが
山頂下まであがっていました。
あの頃のツケが今頃来てるのかなぁ・・・
根子岳はもともと火山だったと聞いていますし、
私達が感じている以上に、もろい地質なのかな。
気になります。

こちらは、峰の原から須坂に抜ける大谷林道で、
自転車で出かけて望月が撮った写真です。
やはり同じ時の雨でこんな状態になっています。

アスファルトが雨でこんなことになるのに驚きです。

ここは、昭和56年の8月の土石流災害があったところで、
下流の地域では10名の方がなくなりました。
もう35年も前のことで、
峰の原の今は夏には水もないような沢でも、
土石流で何台か車が流されました。
災害は忘れた頃にやってくる・・・
なんだか、とても気になる私です。