2016年9月6日火曜日

みんなのリビング

今日は、地元の学校で会合があります。
草刈り、会合、小屋、両親の用事の手伝いなどなど、
またオフの忙しい日常が始まりました。
仕事だけしていられるシーズン中は、
割りきって考えられるという点では、とても気楽です。

夏休み中の大学生が遊びに来て小屋見学。
二階に上ると言って・・・

「きゃー、下が透けて見えてるぅううう」
「わぁー・・・」
単にはしゃいでいるだけかと思って放っておいたら、
本気で怖くておりれなかったようです。
「手すり持って、座って、最初に足をのせて」
と鶴丸親方が降り方を伝授してました。
うふふ、若い女の子にはめっぽうやさしいのよね。
オバアサンには厳しいのですが・・・

床は張り終わったからもうおしまいかと思ったら
「マスキングして」と言われ、
はて、一体また何を・・・

そして、漆喰を練り始めて

なんと、隙間をコーキングして、
その上からまた漆喰を塗るって指示が・・・
「本来は最初に床を張るんだけど、
今回は後になったから、手間がかかるんだよ」とのこと。
床はテラコッタ、たたきにしようかなどなど最後まで、
どうしようかと迷っていたから、
手順が狂ってしまいました。
「すこしでも隙間があると虫が入ったり、
風が入るから、丁寧にしてね」って。
親方の指導は細部に至ります。
コーキングなんて簡単だと思ってなめていたら、
隙間が不揃いで、なかなか綺麗にできず、がっかり。

私がコーキングで悪戦苦闘している時、
親方はお絵かきしてました。
さすが元美大入学経験者、
姪たちは親方の描く動物の絵にクギづけでした。
もう、お茶の間状態なので、
ここにはちゃぶ台を置こうかしら。