2016年12月11日日曜日

雪の朝

今朝は細かな雪が、チラチラ。

外の動物たちのために、
毎年飾っている友人にもらったクリスマスツリー。
スウェーデンにいる彼女、今頃どうしているかしら。
ノーベルウィークでストックホルムは華やかなのかな。

絵本の世界じゃあるまいし、
動物たちがクリスマスを祝うことはないだろうけれど、
勝手に想像をふくらませて楽しんでます。
野生動物にむやみに餌をやらないという考えですが、
この時期は、ひまわりの種を
クリスマスプレゼントのつもりで撒いてます。
でもね、一番に来るのがちょっと厚かまし気味の
カケスのカップル?なのが、ちょっとね・・・

雪の日はとても静かなので、
メールを打ちながら、
ドラえもんに遊んでもらってます。
これも息子たちが「もういらないや」と捨てたもの。
このドラちゃんたちは、
彼らの青春の秘密を知っているんだろうなぁ。
ふふふ、ちょっと話してくれないかしらね・・・

窓辺には、今年もこんなツリーを置いてみました。
このガラスのツリーは、
以前峰の原の住んでいた友人が、
引っ越していく時に来れたものです。
娘二人、息子一人の母は、
シングルマザーで頑張っているようです。
これを見ながら、彼女の笑顔を思い出しています。

ものより思い出。
でもものは思い出をは蘇らせてくれます。