2017年3月14日火曜日

峰の原ブルー

今朝、窓の向こうは霧の中。
食堂から毎日眺める景色、見飽きない。

この青空、誰が呼ぶともなく、
いつの間にか峰の原ブルーと広まっています。
どこにも青空はあるだろうけれど、
自己満足でも、ここの青空が一番と思う、
その心持ちがいいのよね。


いつも、ちょっとおしゃれなものをくださるお客さん。
「これ、Ne.co.にどうかと思って」と、
デンマークの雑貨屋さんフライイングタイガーの
メモをくださいました。
うん、うん、たしかに小屋向き。
さて、雪が溶けたら、小屋を本格的に動かさなくちゃ。

昨日お帰りになった一人で
いらしていたお客さんは、
「私さ、2日後には78歳になるのよ。
78歳の冬にスキーで根子岳に上って
滑ってきたって、覚えておいてね」と、
おっしゃるので「もちろんです、
私が78歳根子岳スキー証人になります」
と、お答えしました。
「ねぇ、おかしいと思わない、
身長や体重、お腹まわりなんか測ってもらってさ。
自分で測ればいいのよ。
測ってもらうとなんとか検診で、
税金使うのよ、変だわよ。
いいの、いいの、自分のしたいようにすれば。
私なんかわがままだからさ、
自分のやりたいようにやってきたわ。
アハハハ・・・」
と、豪快に笑いながら、
山から滑って下りて休みもせずに、
「また、来るわね」と、
バスに乗って帰って行かれました。
「仕事も辞めたいんだけど、
やめさせてくれないのよね」と、
いやはや、大和撫子、すごい!