2017年5月17日水曜日

なぞなぞ

5月中旬と言えど、今朝の気温は5度。
こたつで足を暖めています。


さて今年もやってました・・・
軽トラックにゴミ袋、作業手袋、鎌、
日よけ帽子に長靴、作業着というオバアサン。
どこから見ても完璧山菜採りスタイル。
今日も、車の中から「ワラビ、もう取れるかい」と、
見知らぬオジサンに声をかけられました。
「そんなもんちゃうわい」とは言わず
「ワラビもでてますけど、私は外来種抜いてるんです」
というと、ニタッと笑って走り去りました。
友人も似たようなスタイルなので
「なにとってるんですか」とゴルフ帰りのマダムに尋ねられ
「食べられるそうですよ、セイヨウヤマガラシ。
召し上がりますか」と答えたら
「いりませんっ!」と呆れられたらしいです。

べつにね、嫌いじゃないのよ。
いいえ、むしろ、外国からやってきて、
なんとか生きていこう、
必死で子孫を残そうとするそのたくましさ、
前向きさ、愛おしくなるくらいです。
私が学者だったら、
論文書きたくなるかもっていうくらい深い関係で、
「ごめんね」と言いながら引っこ抜いてます。

しかし、「抜いても抜いてはえてくるものなーんだ」
となぞなぞにしたいくらいの勢いです。
答えは、セイヨウヤマガラシではなく、
もしかしたらオバアサンかも・・・

地面に膝をついていると見える世界が違います。

気分は、アリエッティ。

いえ、バッタかなぁ。
たまにはこういう目線になるのもいいことだ。